【禁酒15日目】好転反応か? 『むくみ』が取れるまでにどれくらいかかる?

禁酒・減酒

こんにちは。
キラです。

禁酒開始から15日が経ちました。
何度も負けそうになりながらも、禁酒を続けています。
家にあるお酒をほとんど処分しました。

「えっ! ほとんど処分したってことは、まだ家にお酒があるの?」と言われそうなので、お答えします。
なぜ「ほとんど処分」なのかというと、数日前にTAKARAハイボール缶を頂いてしまったからです。
もちろんこのハイボール缶は、だれかに差し上げようと思っています。

禁酒を成功させるうえで、家からお酒を追い出すのは必須です。
明日にでも出て行ってもらいます。さよなら、TAKARAハイボール缶。

【禁酒15日目】好転反応か? 『むくみ』が取れるまでにどれくらいかかる?

禁酒15日目を迎えて、顔のむくみが取れてきました。
この『むくみ』について説明する前に、「好転反応」について書かせてください。

いきなりで恐縮ですが、「好転反応」という言葉、ご存知でしたか?
恥ずかしながら、オレは知りませんでした。

この「好転反応」についての明確な定義はないようですが、
身体が回復していく過程で表れる副作用的なものらしいです。

例えば、禁酒における好転反応であれば、

  • 眠気
  • だるさ
  • 頭痛

などが挙げられるようです。

ちなみにオレは、禁酒を始めてから眠気を感じることが多くなりました。
お酒をたくさん飲んだ翌日はもちろん眠いのですが、その眠さとは異なる眠気です。
いずれにしても、身体が回復してくる過程で出てくる症状であれば、それを否定せずに上手に付き合っていこうと思います。

そして、禁酒した結果、うれしい変化がもう一つありました。

顔の『むくみ』が取れてきた

禁酒15日目にして、顔の『むくみ』が取れてきました。

オレの勘違いではありませんよ。
毎朝の洗顔時、日に日に顔が小さくなっていくのを実感できています。
特に、目の周りの肉が無くなっている感じです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、
「あれっ? ここの肉が無くなった」
と思うことが増えました。
もちろん、筋肉や脂肪が急激になくなるわけではありませんが、
少しずつであっても着実に効果が出ていることを喜びたいと思います。

禁酒をすると顔のむくみが取れるのはナゼ?

ところで、禁酒をすると顔の『むくみ』が取れるのはなぜでしょうか?

その理由は、
肝臓を健康に保てるから
です。

飲酒をすると、肝臓はアルコールを分解・代謝・解毒を行います。
寝る前に飲酒をすると、肝臓は一晩中働き続けます
つまり、肝臓は疲れ切った状態で朝を迎えることになります。
肝臓が本来やりたかったことができないまま、朝を迎えることになるのです。

肝臓が疲れてしまうと、どんなことが起きるのでしょうか?

肝臓が悪くなると、血液中のタンパク質が減少します。
すると、顔がむくみやすくなるのです。
顔のむくみが気になるなら、いますぐ禁酒をすることをお勧めします。

お酒を飲みたくなったら、とりあえず水を飲みましょう!
のどの渇きも解消するし、身体に悪いものを排出する上でも欠かせません。
お酒は薬品、水はただの水!

今後も禁酒を続けて、健康な体と精神を手に入れたいと思います。
今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

禁酒開始日などのデータ

  • 禁酒開始日:2021年10月15日
  • 禁酒開始から:15日目
  • 禁酒期間中にお酒を飲んでしまった日数:1日
  • 禁酒のコンセプト:達成できた日数を数えて自分を褒める。あきらめない。

禁酒のキッカケになった書籍

「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

コメント

タイトルとURLをコピーしました